本日 142 人 - 昨日 92 人 - 累計 30610 人

経歴

  1. HOME >
  2. 経歴
Image_0405.JPG小笠原 美敬 Yoshitaka Ogasawara 声楽家 バス歌手

東京藝術大学大学院修了。2002年度(平成14年度)文化庁芸術家在外研修員としてドイツに留学。
小笠原克美、高橋大海、ノーマン・シェトラー、ペーター・コーイの各氏に師事。
《バッハ・コレギウム・ジャパン》《コレギウム・ヴォカーレ・ゲント》《ライニッシェ・カントライ》《リチェルカール・コンソート》等の古楽アンサンブルのメンバーとして活動し、ソリストとして鈴木雅明、寺神戸亮、濱田芳道、渡邊順生、フィリップ・ヘレヴェッヘ、フィリップ・ピエルロー、ペーター・ノイマン、ヘルマン・マックス各氏等と共演。欧州諸国をはじめ国内外で様々な音楽祭に出演している。
ソロ活動や声楽アンサンブルへの積極的な取り組みは幅広い分野に及び、特に古楽やドイツ歌曲の演奏には定評がある。 
近年は国内各地で様々なコンサートやオペラに出演し、バロック・プログラムやドイツ歌曲のリサイタルも積極的に行っている。《ラ・フォンテヴェルデ》《ジョーバン・バロック・アンサンブル》《ベアータ・ムジカ・トキエンシス》各メンバー。
声楽アンサンブル《オリエンス》音楽監督。混声合唱団《コール・ヴォンネ》正指揮者





札幌生まれ、3歳の時に鹿児島に移り高校までを同地で過ごす。
声楽家の父に歌の手ほどきを受け、東京藝術大学に入学。
在学時は同大学バッハカンタータクラブに所属し、小林道夫氏の指導を受けてバッハ音楽の魅力に目覚める。
大学卒業後1992年4月よりオーストリア・ウィーンに渡り、ドイツリートを中心に1年間研鑽を積む。
帰国後は東京藝術大学大学院修士課程に進み、バロック音楽を中心に演奏・研究を行う。
また大学在学時よりバッハコレギウムジャパンの創設メンバーとして、数多くの演奏会や録音に携わり、オランダ人の名歌手ペーター・コーイとの知己を得て師事を仰ぎ、1998年4月よりドイツ・ハノーバーに渡る。ペーターコーイのもとで古楽の研鑽を深める傍ら、ヨーロッパの著名な合唱団での積極的な演奏活動を開始する。
2003年からはベルギー・ブリュッセルに居を移し、主にコレジウム・ヴォカーレ・ゲントのメンバーとして、数多くのプロジェクトに参加し、ヨーロッパを起点に世界各地での演奏経験を積む。

2005年に帰国し、国内での本格的な演奏活動を開始する。千葉県松戸市在住。